走行距離は多すぎても少なすぎてもいけない

6月 30, 2014 |
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 走行距離は多すぎても少なすぎてもいけない
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
走行距離は多すぎても少なすぎてもいけない車買取のなぜ

“車買取価格はいろいろな要素で決まってきますが、特に重要になるのは車種と年式のようです。当然買取られた車は中古車として販売せれますから、人気があり需要の多い車種で比較的新しい車の方が高く売れるので、それが車買取価格にも反映されます。

また走行距離も車買取価格に大きな影響を与えるようです。これもできるだけ走行距離が少ない方が有利なのかと思いましたが、一概にそうとも言えないようです。普通に車を使っていた場合の適正な走行距離の目安があって、それに見合った走行距離が一番良いようです。

それよりもかなり多い場合は当然マイナスになりますが、あまりにも少なくてもマイナスになってしまうそうです。車はあまりにも使用頻度が少ないとかえって故障が起きる原因なる場合があり、査定ではマイナスになってしまうようです。

こういう話を聞くと、走行距離が多い場合はどうにもなりませんが、少ない場合は査定してもらう前に遠方にドライブでもして走行距離を伸ばしておくとよいのかなと思えてきます。”

適正な走行距離を目指す

Posted in: 車買取

Comments are closed.