年式によって走行距離の見方が変わる

10月 15, 2014 |
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 年式によって走行距離の見方が変わる
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
年式によって走行距離の見方が変わる車買取のなぜ

“走行距離は車買取店が査定額を決める目安としてうえで大きな比重を占めますが、それも年式によって変わってくるようです。比較的新しい年式の車の場合は大きなウェイトを占めるようで、特に2~3年程度前の新しい車ならば、少しの走行距離の違いでも査定額に大きく影響するようで、数十万単位で価格が変わってくることもあるそうです。

ここまで極端ではなくても、年式が10年落ちぐらいまでの車ならば、走行距離は査定額に与える影響はかなり大きいようです。逆にもっと古い年式になってしまうと走行距離はそれほど査定額に大きな影響はないそうです。

ある程度古い年式の車の場合は、走行距離が、数万kmぐらい違っていた場合でも査定額にはあまり影響しないそうです。車買取店によるでしょうが、古い年式の車は走行距離云々より、整備などがきちんとされているかの方が重視されるのかなと思います。古い車だとそれほどの高額査定は期待できませんが、状態が良ければ走行距離に関係なく数万円で買取ってくれる車買取店もあるようです。”

走行距離

Posted in: 車買取

Comments are closed.